コピー機の印刷コスト削減法 ”トナーの使用法”

オフィスでコピー機は頻繁に使われていると思いますが、印刷コストに関して考えたことはありますか?オフィスで経常的に大きなコストを占めるのが「印刷・消耗品」なんです。

ここでは、トナーの使用法に関して見直していただこうと思います。
トナー代はランニングコストの中でも大きく占めるものですが、これのコスト削減の対策は二つほどあります。まず一つは、まとめ買いによる削減です。
通常の場合、トナーは一本単位で購入することが多いものですが、出来れば「2~6本のセット」で買っていただくと価格が安くなるので、節約になります。



もう一つは、リサイクルトナーの活用の削減です。


近年では、リサイクルトナーの不良率は約3%ほどでISO14001をとっている工場もありますので、コピー機自体の保証期間が終わったらリサイクルトナーを使用すると削減につながるでしょう。



機械の保証期間内では、汎用品の購入を検討してみるのも一つの方法でしょう。

汎用品というのは、「ノーブランド品」や「白箱」と言われており、新しいカートリッジのことです。カートリッジは様々な会社のメーカーで作られています。

最近では、リサイクルトナーを扱っている業者がとても多く、金額の差も高いので、比較表を作って検討してもらう価値はあるでしょう。

簡単にですが、コピー機の印刷代の削減に関してご紹介させていただきましたが、こういったことに意識を向けていただくだけでもコスト削減につながりますので、是非皆さんもご検討下さい。