事業資金がなくなってしまった場合のケース

時々、ニュースなどで悲しい報道を見ますが経済状況や資金繰りが上手くいかなかったために、倒産してしまう会社さんなどがあります。

これは会社ならではの問題ですが、そこには事業資金も関係しております。会社などを運営していく際には、利益が出なければなりません。

例えば10円で仕入れた何かしらのお菓子を100円で販売するケースがあります。その際に、人件費などを考えずに単純に計算した場合の利益は90円となります。

90円の利益を出してくれるお客様が一日に100人いれば、9000円の儲けを得ることが出来ます。このような形で、会社などは成り立っています。

一方で、このように10円でお菓子を仕入れる際や、スタッフさんなどにお菓子を販売してもらうためには事業資金、というものが必要です。

事業資金がなければ、仮に海外から珍しいお菓子などを取り入れよう、輸入しようと思っても輸入をすることが出来ません。

またお一人で商売をされる場合にはご自身の人件費以外は考えなくていいものですが、会社を大きくしたい、売り上げを大きくしたいという考えをお持ちの場合には、事業資金は大きな金額が必要になります。

たまに悲しいお話ですが、会社員さんがその会社の商品を会社からもらった給料でたくさん買っている、という自腹を切るケースが存在しています。暗に買えと上司なり本部に言われるケースです。

この場合には事業資金をしっかりと得られていないために、給与を渡しているけれどもそのお金を会社に還元させようと、会社側が窮地に陥っているケースや経営ミスなどが大きいとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *