金融業界における事業資金とは

金融会社では、個人向けはもちろん法人向けに様々な融資を行っています。

基本的に最大限度額が50万円から100万円ほどの小口のキャッシングの場合、サラリーマンといったお勤め人や自営業者や専業主婦など、全ての方が同じ商品を利用することになりますが、融資額が100万円以上の大口商品となると、サラリーマンと自営業者では異なるローンを利用することになります。

小口のキャッシングの場合、利用目的はそれほど重視されませんが、大口商品となると利用目的も必ず聞き取りされます。自営業者の方が事業資金として利用する場合、ビジネスローンを組むことになります。

事業資金とは、会社の借金の返済、事業拡大のための軍資金、材料といった資材の購入など会社によって様々な使い道がありますが、内容の違いはあっても、会社のために利用するのであれば全てこのような資金として登録されます。

しかし一つだけ例外があります。

例えば自営業者の方がおまとめローンといった他社の債務を一本化する目的で大口商品を申し込んだ場合、会社の債務というよりは個人的な借金の返済という目的となりますが、この場合でも、他社返済という利用目的ではなく、事業資金という目的で登録しても良い場合があります。

要するに、自営業者の方が大口のローンを利用する場合は、どのような利用目的であれ、ビジネスローンを利用することになるため、必然的に利用目的を事業資金としても問題ない会社も存在します。

このように、金融業界における事業資金とは、会社のために利用する資金はもちろんですが、個人的な借金返済で利用することが出来る会社もあることを念頭に置いておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *