事業資金の確保の必要性

個人で事業をしている人も小規模の事業所を経営している人も、少なからず事業を継続するためには運転資金が必要になります。

運転資金は家賃の支払いや従業員への給与の支払い、税金の支払い、設備への投資、ライセンス料、光熱費、取引先への代金の支払いなどさまざまあります。

ビジネスローンの契約をして金融機関からの借り入れで事業資金を確保している人もいるでしょう。特にそのような人が注意しなくてはならないのが、支払いや返済ができなくなる債務不履行です。

従業員への支払いができなくなれば従業員のモチベーションが下がるばかりか、生活もできなくなる人が出てくる危険性があります。最悪の場合退職して職場を去り、貴重な戦力を逃すことにもなります。

取引先への支払いができなくなれば取引停止となってしまい、事業そのものを継続できなくなる可能性もあります。銀行との関係が悪化すれば、追加で融資をしてもらうことも難しくなるかもしれません。

毎月出ていくお金を入ってくるお金をしっかりと管理し、事業資金を確保していくことは、長い間事業を続けていくうえで最も重要な課題と言っても過言ではありません。

事業資金の確保がうまくない会社では、仕事があって利益があるはずなのに現金が手元になく、黒字のまま倒産してしまうこともあるからです。

黒字倒産を防ぐためには未収代金となっている売掛金を早期に回収するようにし、支払いに使える現金に換えておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *