事業資金を確保する手段

新規事業を開始するにあたって重要なのが、いかにして運転資金を集めるかです。

事業資金を確保する手段はたくさんあります。例えば友人や知人、親戚からの出資、銀行やノンバンクでのビジネスローン、地方自治体の給付制度や低金利での融資制度、株式の上場などです。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、特徴をしっかりと理解して利用するようにしましょう。友人や知人からの出資では審査もありませんし、負担のない範囲で出資をしてもらうことができます。

応援してくれる人が多ければ多いほど多くの人から資金を集めることができ、事業が成功して利益が出れば返済していくこともできます。

しかし事業が失敗に終わってしまえばお金を返すことも難しくなり、人間関係が悪化する可能性があります。金融機関のローンは誰にも迷惑をかけることなく事業資金を確保することができますが、審査があるため実績のない人はローンを組むことは難しいでしょう。

また、借りることができる金額も信用力に左右されます。毎月金利に応じた利息の支払いも必要になるため、利益を上げることができないとすぐに破綻してしまう危険性もあります。

地方自治体の給付制度は返済が不要ですが、だれでも利用できるわけではなく、事業の種類や場所、規模など様々な条件が設定されています。

手続きを開始してから実際に資金が入るまでにも時間がかかり、それまでの事業資金は自力で確保する必要もあります。

お店を作るなど開始時に多額の資金が必要な場合は、これらの方法から複数の資金確保手段を検討しておくことも大切ですが、最初に十分な貯金をしてから開業するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *