事業資金の調達環境は金融環境の変化に直結する

事業資金の調達の巧拙は銀行等金融機関職員とのリレーションの強さに比例するといっても過言ではありません。

事業資金の調達環境は日本銀行の金融政策の変更といった外部要因の変動により時々刻々に変化していくといえます。

中小企業の経営者や財務経理担当者はこういった金融環境の変化に敏感に反応し常に情報の更新を心掛けていくべきなのです。

例えば現在は金融環境については大胆な金融緩和の政策が敷かれていることもあり市場には資金が出回っている状態にあること、折からの超低金利政策も反映し調達環境は資金を調達する側の中小企業側にとってはかなり有利な環境にあるといえます。

このような環境下においては過去に調達した高金利の融資の借り換え手続き等も可能になってくるといえるでしょう。

金融機関職員とのリレーションが密になってきますと、銀行等で取り組んでいる様々な活動についての紹介があること、銀行個別の活動について自社で活用できる部分はないか検討を重ねていくことができるようになります。

要はリレーションシップが強ければ強いほど金融機関側からの提案活動を受けるチャンスが増え経営改善に資する局面が多くなってくるといえますから事業資金調達に関する提案活動を受ける機会が増えることも企業経営にはプラスに作用する例となるのです。

資金繰りは毎日の企業活動の積み重ねの結果であり、円滑な事業資金の調達は企業存続の上で不可欠かつ基本的な活動になるといえるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *