事業資金はどうやって集めると良いのか

事業を展開するのに、必要となるのは資金です。

例を挙げると、個人で飲食店を新規につくる場合には店舗物件の取得費用や取得した物件の内外装工事費は必須ですが、ほかにも調理器具や備品などの購入費や従業員の募集費用・広告宣伝費・原材料の仕入れ費用などはすべて事業資金に含まれることになります。

事業資金の調達方法にはいくつか種類があります。まずは株式の発行によって資金調達する方法で、新株を発行することによって自己資本が増加します。

その結果、多少の損失が発生しても債務超過に至る恐れが少なくなるメリットがあります。それから、調達した資金を返済する必要もありません。

一般的に用いられる資金調達方法のうち代表的なものの一つといえるでしょう。もう一つの代表的な方法は、融資によって事業資金を調達する方法です。

民間の金融機関では都市銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合・消費者金融系などがあります。

このうち、中小企業や個人に幅広く融資しているのが信用金庫と信用組合であり融通の利く融資を行う可能性が高いことから借金をして事業を展開するにはこの方法が適しています。

ただ、信用金庫や信用組合は審査に少し時間がかかる傾向があるためできるだけ早く事業資金を調達したいという人は、ノンバンク系などといった審査スピードが速い特徴がある金融機関で借り入れを行うことで調達することは出来ます。

自身の事業にふさわしい方法を慎重に選ぶことが満足のいく融資を受けるための鍵です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *