ノンバンクの審査はどう?

ノンバンクの審査は昔と比べると厳しいという意見があります。

実際に、ブラックリストにのっていても審査に通ったという体験談はあまり見かけなくなりました。ブラックリストにのっている人、多重債務者はノンバンクでも厳しいそうです。昔はそれらの人でも借りられましたが、それは金利がとても高かったからです。金利は最高29.2%でしたので、金融会社は利息による利益で十分にリスクを補えました。一部の人が自己破産をしたら大きな損失ですが、それを上回る利益があればトータルで営業を続けられるのです。

今は最高で20%の金利となっていますので、金融会社も貸し出しに慎重になります。利息による利益が減っただけでなく、過払い金請求などで倒産の危機に瀕している会社もあるそうです。実際に過払い金請求に対応しきれなくなり倒産した中小規模の会社はいくつかあります。もう1つの理由は、法律が厳しくなってきたからです。昔はブラックリストにのっていても保証金や手数料を納めることで借りられました。

現在は法律が厳しくなっており、保証金や手数料をとることは原則として許されません。ノンバンクは貸金業法という法律を遵守しなければならず、原則として金利以外の手数料をとることはできなくなっています。ATM手数料やカード発行手数料、印紙代については例外的に許されます。このような理由から、ノンバンクでも審査は厳しいですが、一般的な属性の人なら借りられる可能性が高いです。銀行で断られたら次はノンバンクを試してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *