ノンバンクの代表格は消費者金融

消費者金融はノンバンクの代表格で、現在は銀行系の消費者金融が人気となっています。

巷でよく見かける銀行系のキャッシングやカードローンは、銀行が提供しているわけではありません。あくまでも銀行が消費者金融と資金提携しているのであり、その実態はノンバンクとなっています。そのため総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借りることができません。これが銀行のキャッシングやカードローンならば、年収の3分の1を超えた借入ができます。貸金業法が改正されてキャッシングやカードローンの金利は大幅に下がりました。

上限金利は29.2%から20.0%まで下がっており、大体3分の2になったと言えます。金利が下がるほど利息は減りますから、以前より格段に借りやすくなっています。ノンバンクはよい意味で変化していますが、審査に関しては以前より厳格になりました。実質年率を引き下げているので、ノンバンク側は回収率を考慮して審査を厳格にしているわけです。

消費者金融でおすすめしたいのは大手で、借入・返済方法が多彩に用意されています。小規模なノンバンクの場合だとATM返済ができないことがあり、窓口または銀行振込という形態を導入していることが多いです。ATMが利用できれば好きなときに繰り上げ返済ができますので、早期返済をしてローンの利息を抑えることができます。無理な借入をしないためには借りすぎに注意する必要がありますが、同時に返済期間を長くしすぎないのもポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *