与信・融資を事業の主体にしているノンバンク

ノンバンクには銀行にみられる預金の預け入れ機能はなく、与信・貸付業務を行う金融機関のことを指します。

バンクと言葉がついていることから銀行と混同しがちですが、Non-Bnakと表され、融資を事業に主体にしています。代表的なものに消費者金融などがあります。銀行も貸付業務を行っていますが、大きな違いがあります。そのひとつが銀行が銀行法により貸付を行っているのに対して、消費者金融などのノンバンクは貸金業法による融資を行っていることです。特にに総量規制は消費者金融などの金融機関に課せられている規制です。

年収の3分の1を超える貸付を禁止しており、収入がない専業主婦も借りることはできません。安定した収入をもとに貸付を行っていることも特徴です。金利面でも銀行との違いがあり、ノンバンクの場合は金利が高めに設定されています。これは貸し倒れリスクを勘案したもので、一方で銀行の貸付では審査が厳しい分だけ低い金利が設定されています。

貸付までにかかる時間も銀行では反社会的勢力への資金の流れを防ぐためにデータベースの確認などを含めて相当な時間がかかります。これに対して、ノンバンクは申し込み・審査の時間によるものの最短で即日の融資も可能になっています。ノンバンクは融資を主体にしているため、貸付残高が企業の希望を示すバロメーターになっています。個人だけでなく、事業者向けに融資を行っており、銀行の融資では担保が必要となるケースが多いのに対して無担保で借りられる場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *