ノンバンクという機関について

ノンバンクとは、銀行の業務でもある預金の受け入れサービスを行わない金融機関のことを言います。

つまり融資のみを行う金融機関のことであり、消費者金融がノンバンクに当たります。銀行とどのような違いがあるのかと言いますと、まずノンバンクは総量規制の対象となっており、年収の三分の一以上の借り入れが出来ないことが挙げられます。つまり、年収が300万円の場合は、100万円までしか利用することが出来ません。つまり最大限度額は、いくら取引状況が良かったとしても、100万円以上にすることは出来ない仕組みになっています。

また、ひと昔前までは専業主婦でも借り入れすることが可能でしたが、現在は借り入れが難しいケースがほとんどなので、気を付けると良いでしょう。しかしノンバンクを利用するにはいくつかのメリットがあります。それは銀行に比べて即日審査や即日融資が可能だということです。即日審査をすることにより、金利は銀行よりも高めに設定されてはいますが、早い方だと申し込みから契約に至るまで30分程度しかかからない場合があります。

しかし基本的に融資できる条件の方で、必要書類も用意されており、会社の在籍確認をとることが出来れば、ほとんどの方が1時間程度で利用することが可能となります。契約後には即カードが発行されますし、あらゆる金融機関のATMから出金できるので、契約後すぐに利用することも可能です。このようにノンバンクは、急な出費が必要な方には便利な金融機関と言えます。過去に金融機関での長期延滞や破産などがなく、多重債務でなければ利用も可能なケースが多いので便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *