ノンバンクの特徴と銀行との違い

ノンバンクのことを銀行だと思ってる人もいるかもしれませんが、ノンバンクは銀行とは別物です。

では何かというと、与信業務だけを行う企業のことです。銀行は与信業務だけでなく預金業務も行っていますが、ノンバンクは預金業務は行っていません。従って、銀行とは形態の違う企業ということになります。両者を混同させている場合もあるので、気を付けてください。なお、与信業務とはお金を貸し付けることです。一方、ノンバンクには種類があることも理解してください。

すぐに思いつくのは消費者金融ですが、それ以外にも、クレジットカード会社や信販会社、リースや不動産金融、事業者専門金融会社など多岐にわたります。そして業態ごとに融資の仕方が異なるのが特徴です。例えば、消費者金融は個人向けに無担保で融資を行いますが、クレジットカード会社はクレジットカードを発行して融資を行います。といった具合に、業者の種類によって融資の仕方に違いがあります。

さてノンバンクの現在の状況ですが、市場規模からいえば縮小傾向にあります。その要因は、法律の改正によ大量貸付が出来なくなったことです。かつては総量規制がなく業者は際限なくお金を貸すことができましたが、今は年収の三分の一までしか融資できなくなり、この規制によって収益性が低下しました。そして収益性が低下するのに合わせて、市場規模も縮小しました。また、市場規模の縮小に合わせて業界再編も行われました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *