ノンバンクと銀行は適用される法律が違う

ノンバンクと銀行は、適用される法律という点で大きな違いがあります。

ノンバンクは貸金業法が適用されますが、銀行は銀行法が適用されています。さて、両者のこの違いを知ることはとても重要です。なぜなら、違いを知らないままでいると、予想外の時間的なロスを生じさせることになるからです。具体的に説明しますので、融資を得たいと思ってる人はぜひ理解してください。まずノンバンクでは貸金業法が適用されるといいましたが、このことは何を意味するのでしょうか。

端的にいって、融資額に限度が設けられます。具体的には、申込者の年収の三分の一までしか貸し付けることができません。例えば、年収が300万円の人は、ノンバンクでは100万円までしか借入ができないということになります。仮に本人が200万借りたいと思っていたとしても、貸金業法が適用される消費者金融では100万までしか借入ができないのです。

その理由は貸金業法の中に総量規制というものがあり、その規制では年収の三分の一までしか融資できないと決まっているからです。ノンバンクで借入をしようと思ってる人は、ぜひこうした事実を覚えておいてください。そして年収の三分の一以上を借りたいと思うときは、銀行に申込しましょう。銀行なら総量規制のある貸金業法は適用されず、代わりに銀行法が適用されるので、総量規制に関係なく希望の融資額を得ることができます。ただし、銀行にも審査がありますので、審査に通らなければ借入はできません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *