ノンバンクと銀行等との違い

ノンバンクとは市中で営業している金融業者であることに変わりませんが、銀行法によって設立されている銀行、信用金庫法によって認可される信用金庫とは違い、規制がゆるやかな金融機関といえます。

銀行や信用金庫の立場からすれば、融資業務は本業のひとつでもあり、融資にかかわる社会的責任は大きいのではないでしょうか。つまり、金融機関として必要な資金を用立てするということだけではなく、融資先企業の価値を高めることや地域の雇用を守るということも重要になってきます。

かたや、ノンバンクの場合は、ノンバンク特有の金融機関としての性格からして、短期的な資金需要を用立てする役割が強いため、短期的資金需要に対応する役割からしても顧客企業に適用する金利については銀行等と比較しても高上りとなってしまいます。ノンバンクにおいても長期的な借入は商品としては存在するとは思いますが、高金利が企業体質を傷づけてしまうことを考えると長期借入で調達することは慎重に考えたほうがよいでしょう。

短期的な資金需要が発生したとき、メインバンクの取引枠が一杯になっていてどうしても資金調達を行わなければピンチである場合に調達してくればよいのです。高金利ですから、売上入金となった場合には即返済したほうがよいと思われます。ノンバンクの立場からすれば、高金利で頻繁に借りてくれれば、市中での短期金融の役割を果たしていると考えるでしょうから、長い目で企業を育てるという考えにはどうしても至らないといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *