カードローンの効率的な返済

カードローンでお金を借りたら次は返済ですが、その返済には大きく二つの方法があります。

一つは一括返済であり、もう一つは分割返済です。もしも可能なら、分割よりも一括返済がベターです。なぜなら、一括で返せば利息の負担が少なくて済むからです。逆に分割で長期間にわたって返済すると、利息の負担は大きくなってしまいます。なぜならカードローンの利息とは、通常、日割りで計算されるからです。ですから返済が一日長くなると、支払う利息も一日分多くなってしまうのです。この利息の具体的金額は、金利によって決まります。利息と金利については基本的な計算式があります。それは、「借り入れ金額×金利÷365日×借り入れ日数=利息」です。覚えておいて損はないでしょう。

たとえば年15%の金利で50万円を60日間借りた時の計算式は、「50万円×15%÷365日×60日」となります。これを計算すると、単純計算ですが利息は12328円となります。これは一日あたりに換算すると205円になります。つまり一日返済が遅れると205円の利息が加算されてゆくのです。ですからカードローンの返済のコツは、借りたら一日でも早く返すことです。

これに尽きます。しかし、そうは言ってもすぐに返せない人が多いのが借金の現実です。だからこそ、毎月の自動引き落としなどで返済している人が多いのです。ですから、すぐに返せないことを前提にして返済のコツを考えなければならないでしょう。そのコツとは、可能な限り繰り上げ返済を行うことです。そうすれば、その分、確実に利息の負担は減らせます。
ビジネスローンのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *