カードローンの利息の決め方を理解しておこう

貸金業のカードローンは使いやすいサービスとして有名ですが、それはお金を借りるときに大きな利息になり過ぎないように工夫がされているからにほかなりません。

この利息に関する法律は貸金業のカードローンのみならず、貸金業のサービス全般に対して適用されるもので利息制限法と呼ばれています。個人の人がカードローンで現金を借りるときには、融資の元金に対する利息が最も負担となってのしかかります。月々の返済分に必要以上の利息がのしかかるとその利息の返済だけで毎月の返済が終わってしまうこともありますので、カードローンを提供する会社もその点に関してはきちんと考慮しなくてはいけません。

ただ、利息が大きくなるということはそれだけ貸金業者である消費者金融の取り分も大きくなるということを意味します。そのため、利息に法律的な限界をきちんと設けておかないと消費者の負担をきちんと軽減することが難しくなってしまいます。利息制限法の考え方はわかりやすくて、融資の金額が増えていけばそれと反比例して利息の負担は小さくなるように予め決められています。

利息の負担は元金の大きさに比例しますので、元金が増えていく際に利息の負担を小さくすればそれだけで消費者負担を小さくできます。事実、利息制限法では融資の金額が100万円に近づくほど上限利息も小さくなっていく仕組みなので、融資の金額によって消費者同士で不公平な契約になることはないので安心なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *