カードローンの申し込みは1社に絞る

カードローンに申し込みをするときには1社に絞って申し込みをするのが原則だと考えておきましょう。

いくつかの銀行に申し込みをして置けばどこかに通る確率は高くなると考えるかも知れませんが、これは実は正しくはありません。というのは、申し込みの情報は銀行間で共有されているからです。この仕組みがあるために、いくつかに同時に申し込みを擦ると落ちる可能性が高くなるという点に注意しなければなりません。なぜこのような仕組みがあるのでしょうか。例えば、ある人の信用力から考えて、100万円くらいなら融資をしても問題がないとしましょう。

つまり、100万円までなら返済できるとします。この人が二つの銀行に同時に申し込みを行って、そして二つの銀行ともが100万円を融資したとしましょう。そうすると、この人は200万円を借りられるようになりますが、200万円にもなると返済できる金額の倍にもなってしまいます。これが原因で借りすぎてしまい、返済できなくなってしまうことは容易に想像ができます。

銀行はこのようなことを防ぐために、カードローンの申し込みの情報を共有しています。ですから、同時に申し込みをするとその情報が共有されて、それが原因で落ちやすくなります。申し込みの情報は半年くらいは保存されますから、心当たりのある人なら、まずは半年間何もしない方が良いです。半年間待ってからカードローンに申し込みをすると審査に通る可能性が高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *