債務整理後のカードローン

債務整理をするとカードローンを二度と利用できないと言われることがありますが、これは必ずしも正しいものではありません。

債務整理というのは、言ってみれば借りたものを約束通りに返さなかったことを意味します。ですから、銀行としては、返さなかった人に再び貸そうとはしないのです。考えてみればこれは当然のことだと言えるでしょう。ですから、ある銀行から借りていて、そしてその銀行に返済をしなかった場合、その銀行からはもう借りられないと考えておいた方が良いのです。

ほかの銀行からなら借りられるのではないかと、そう考える人がいるかも知れませんが、それほど甘くはありません。信用情報機関という情報機関を通じて、債務整理の情報は共有されています。ですから、ほかの銀行からも借りることはできないと考えておいた方が良いのです。信用情報機関では、最長で10年は情報が保存されることになっています。逆に言えば、10年しか情報は保存されないのです。このようなことを考えれば、債務整理を下の地に10年経てば、新たにカードローンを利用できる可能性はあると言えるでしょう。

銀行としては、信用情報機関に登録されていない情報を入手するのは困難ですから、落とそうにも落とすことができないのが現実なのです。信用情報機関の情報は、本人であれば確認することができます。もしも債務整理後にカードローンを利用したいと思ったのなら、問い合わせて確認してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *