ファクタリング~医療事業の資金調達手段のひとつ

ファクタリングは医療事業だけに関わらず、どのような事業にも適用させることができるサービスです。

ファクタリングがどのような制度かと言うと、企業が保有している売掛金をファクタリング事業者が完全に買い取ることで企業に資金を提供すると言う制度です。ちなみに売掛金とは、納品、サービスの提供が終了しており請求書を出しているにもかかわらず、支払サイドの都合によりまだその料金が支払われていないキャッシュのことを言います。医療事業においては、診療や治療と言ったサービスに対する対価は、利用者が全額支払うわけではありません。

これはこの場合、利用者が加入している社会保険や健康保険によってその一部が負担されるためです。医療事業者は、利用者が支払った分を除いた額の支払いを、各保険者に請求する必要があります。つまり普通のお店での買い物とは異なり、サービスの提供から料金の支払いまでに時差が発生していると言う具合です。その時差は、だいたい診療終了後から2ヶ月程度となっています。しかしここでファクタリングを利用すると、この売掛金の何割かを購入してもらうことにより、その時差を大幅に縮めることができます。

具体的な日数は制度を実施している事業者により異なりますが、一般的には即日から数日程度に短縮できるので、これは非常にありがたいことです。医療事業は社会に欠かせない分野であり、かつ奉仕性が求められる分野だと言えます。しかしそれを継続させるためには、一般の事業同様、収益性や健全な資産運営の視点を持つことは必要不可欠です。ファクタリングは、このことを実現させるための制度のひとつだと言えます。
ビジネスローンのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *