ファクタリングで支払われる介護給付金とは

介護給付金とは介護保険によって支払われる保険金のことです。

日本では40歳以上の人は、原則、介護保険に加入することが義務付けられています。そして40歳以上の人は特定の疾病を原因として要介護、要支援状態になった時に、65歳以上の人は条件問わず要介護、要支援状態になった時に、この介護保険を利用して必要なサービスを受けることができます。サービスを受けた際に、その利用者が支払う金額はその一部で、残りが介護保険によってまかなわれると言う具合です。サービス提供事業者が介護保険の保険者に請求の申請を行うことで支払われるのが、介護給付金です。

つまり介護サービス提供事業者にとっては、この介護給付金は利益の一部であり、非常に重要なものです。ただしこれが支払われるまでには、保険の請求を行ってから2ヶ月の期間を要します。ある程度、事業が軌道に乗っている場合は、この2ヶ月と言う期間もやり過ごすことができます。しかしたとえば新規事業所や、資金繰りが苦しい事業所の場合は、そうすることが難しいこともあります。

そこでファクタリングです。ファクタリングは、相手方の都合により支払われていないサービスの対価、その一部を買い取り、その料金を事業所に支払うと言う制度です。介護事業の場合、提供が終了している介護サービスの対価が何割か買い取られ、その代金が介護給付金よりも早くに支払われると言うメリットがあります。そのため新規事業所においてはファクタリングを一時的に利用することで、事業を軌道に乗せることが可能となります。また資金繰りに困っている場合でも、ファクタリングを賢く利用すればそれを解決させることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *