介護給付金をファクタリングするメリット

介護給付金をファクタリングするメリットは、期間の短縮と手数料が安いことと連帯保証人や担保が不要なことと帳簿上は売掛金の入金にできることです。

期間の短縮は、介護給付金が通常支払われるまでに掛かる約45日を短縮して最短で5日程度で現金化できることです。そのため、キャッシュフローを充実させることに繋がり資金繰りを改善できます。通常介護事業者は2ヶ月分の未収金の状態で運営する必要があるため、資金繰りが悪化しやすく経営難に陥る介護事業者が多いため重要な選択肢になります。金融機関に頼った運営をしなくて済みますので、健全な運営ができるというメリットもあります。

手数料が安いため、気軽に利用しやすいというメリットがあります。ファクタリング業者からすると、介護給付金は国保連から確実に入金されるため貸し倒れのリスクがなく確実に収入に繋がるため、手数料が安いファクタリングが実現できています。ファクタリングは、借り入れではないため連帯保証人や担保が不要ですので、連帯保証人や担保を用意するリスクや用意する時間を減らすことができます。

そのため、必要になったらすぐに利用しやすいというメリットがあります。ファクタリングは帳簿上は売掛金の入金になります。これは、介護給付金の買取という形式のサービスであるためです。また、負債ではないので貸借対照表の改善に繋がり、金融機関からの借入枠の拡大にも貢献します。企業信用情報に傷がつかないために、融資が受けやすいという特徴もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *