介護給付金を利用したファクタリングによる事業拡大

既存ですでに介護保険事業所の認定を行政から受けて、すでに活動をしている事業所が更に事業拡大のために、介護給付金を利用してファクタリングの活用を行うケースが多く存在します。

介護給付金では、介護サービスの利用による利用者負担を除いた部分を保険者から受けとりますが、その介護給付金を受けとる権利を持ってファクタリングとして利用を行うものです。このファクタリングでは、介護施設など巨額の資金を調達して活動を行いたい場合において、資金の調達がしにくい場合に利用するケースも見受けられるところです。介護給付金は介護保険サービスの提供を行えば、ほぼ確実に収入として得られるものです。

そのため、ファクタリングとして利用がしやすい側面が存在します。資金を貸す側からすれば、介護保険サービスの提供をし続ける限り確実に収入が見込める業種であり、資金の回収がやりやすいことが挙げられます。そのため安心して資金の賃借契約が行いやすいわけです。介護保険サービスは在宅系でも施設系のサービスでも利用者がいる限り一定の収入が見込めます。

ただ、初期投資として必要な金額は、特に施設系に関しては、巨額な資金が求められます。業務拡大による収益を増やしたい場合には、民間企業が母体でも問題が無いとされる有料老人ホームやグループホームなどに手を伸ばさざるを得ません。入居が見込めれば、ほぼ毎月確実に収入が得られる点で、借りる側も貸す側も双方が安心して契約が出来るメリットは、大きなものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *