ファクタリングのメリットとデメリット

通常、サービスの提供が終了するとほぼ同時に対価が支払われるのが商売の基本です。

スーパーで買い物をした時なども、まさしくこの基本にのっとってサービスのやり取りが行われます。しかしたとえば健康保険が適用される医療事業や、介護保険が適用される福祉事業においては、サービスの提供と対価の支払いの間に時差が発生します。それは、これらのサービスの料金の一部が、これらの保険によって支払われるためです。

つまり一部料金は利用者が窓口で支払いますが、それ以外の料金は、各事業者が保険者に支払い請求をすることで支払われると言うメカニズムがあるため時差が発生します。しかしこの時差を解消するサービスがあり、これがファクタリングと呼ばれるサービスです。ファクタリングを適用させると、支払われていない対価の何割かが、保険者によって支払われるよりも早くに支払われると言うメリットがあります。

またこれはあくまでも将来的に支払われる予定の収益を先取りしている形なので、金融機関による融資とは異なります。そのため融資の際には必要な保証人や担保を必要としないのもメリットのひとつです。ただしファクタリングにもデメリット、気をつけたい点はあります。まずは利益の何割かを先取りしてしまっているため、当然、後々、入ってくる利益は減ってしまうと言う点です。そのためあくまで一時的な資産管理のために利用するのならばともかくとして、持続的に利用していると却って資産圧迫の原因になりかねないと言う点はデメリットとして把握しておく必要があります。
ファクタリングの比較のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *