ファクタリングの利用が想定される状況とは

ファクタリングは全ての事業において利用することができるサービスです。

資金調達手段のひとつであり、同じ資金調達である融資と比較すると、保証人や担保を必要としない点、また貸し借りの制度ではないので債務増加にはならないと言う点がメリットです。ファクタリングを簡単に説明すると、相手先の都合によって支払われていないサービスに対する料金である売掛金を、ファクタリング会社が買い取ると言う制度です。

そして買い取った金額は事業者に支払われるため、資金が調達できると言う具合です。特に公的保険が関係している事業、医療や介護においては、保険者に請求することで代金の全額が事業者に支払われます。そのためサービスの提供から売掛金が実際の収益として手元に入ってくるまでには時差があります。

このことから、その時差を少しでも短縮するためにファクタリングが利用されることもあるようです。では、その利用が想定される状況としてはどのようなものが考えられるかと言うと、ひとつは新規事業です。新規に事業を開始した事業所においては、まずはその事業を軌道に乗せることが求められます。そしてそのためには資金が必要不可欠ですから、そのためにこのサービスが利用されることが想定されます。

もうひとつは資金繰りが悪化していたり、財務状態の健全化をはかりたい場合です。この場合、融資を受けることは債務を増やすことであるため、却って状況を悪化させることにつながりかねません。しかしファクタリングであれば、あくまでも自社で発生している収益を先取りする形なので、安全な財務状態の健全化が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *