介護保険に於けるファクタリングの仕組みについて

介護施設を開業する場合には様々な費用が掛かるものです。

そのため開業してからの収入を当てにして多くの投資を行ってしまうことも多いものですが、介護施設の場合開業直後は殆ど現金収入は無いことが多いものです。その理由は介護施設の場合収入の殆どは保険による収入で、その支払い時期が大幅に遅いからです。

一般に介護保険は医療保険と同様、点数による管理が行われ、行った内容を申告することで対価が支払われる形になるため、字際には処置が行われてから最短でも40日程度かかるとも言われており、その間は現金が無いということになります。ファクタリングはこの保険の支払日を待たずに現金を得る方法で、早く現金が入手できるため施設のキャッシュフローを改善するのに貢献します。

企業が倒産する理由の多くは売掛金が支払われないため手元に現金が無く支払いができないことによる物が殆どですが、施設においても同じようなことが起こり得ます。このような事態を避けるためには手元に現金を出来るだけ早く手に入れることが大切になります。最近はビジネスの世界に置いてもファクタリングが広く利用されるようになっていますが、介護施設に於いても健全なキャッシュフローは必須なものですが、保険を多用する為実際のキャッシュフローは悪化する傾向が非常に多いものです。その為、ファクタリングを効果的に利用することでこのキャッシュフローを改善し、健全な経営を行う為には必要不可欠なものと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *