介護報酬のファクタリングについて

最近、介護報酬のファクタリングに注目が集まっています。

このサービスは、介護事業者が国民健康保険団体連合会に対して請求する介護保険給付費を、前払いするサービスです。このサービスを利用することで、保険給付費の受け取りが早くなります。現状の保険制度では、国民健康保険団体連合会から報酬を受け取るまでに、約2ヶ月ほどかかります。その間にも、人件費などの資金は必要です。

ファクタリングサービスを利用することで、通常よりも早く資金化することができるので、利用者が増えています。連帯保証人や担保も不要です。売掛債権が担保のような機能を果たすため、担保も保証人も不要なのです。借入れではなく、保有債券を有効に活用するサービスなので、安心して利用することができます。

負債ではないので、バランスシートを悪化させることはありません。介護事業者が国民健康保険団体連合会に保険請求を行うことで、国保連合会に対する売掛債権が発生します。ファクタリング会社は、国保連合会に対する売掛債権を買取ることになります。サービスの導入後は、毎月の保険請求を行った後に支払いを行います。サービスの導入前よりも早く介護報酬を受け取ることが可能なので、多くの人々に喜ばれています。入金が早くなることで、キャッシュフローが向上し、借入金の圧縮にも役立ちます。開業して間もない事業者であっても、ファクタリングサービスの申し込みは可能です。申し込みをした後に、審査があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *