ファクタリング会社の比較検討を入念に

ファクタリングを希望する場合には、2社間で行うか3社間で行うかの選択を比較検討して選ぶことも重要です。

即日現金化を希望している場合など、スピードの点を重視する方は2社間ファクタリングを行える会社を通じて行うことがお勧めです。3社間で行う場合には、利用する企業とファクタリング会社と支払先となるクライアントという、3つの会社が存在する3社間契約とになります。その場合にはクライアントに通知をすることとなってしまい、支払いなどの資金繰りに関して不信感を与えてしまう可能性が高くなるというデメリットがあります。

その一方で、2社間で行う場合には基本的に利用企業とファクタリング会社感のみでの契約となりますので、売却先への通知が不要になるという極めて大きなメリットが得られます。経営状況に関して理解がある売掛先であるとか、資金調達方法について熟知しているクライアントの場合なら3社間でも問題は少ないと言えますが、実際にはそのような例は少ないものです。やはり2社間での実行が様々な観点から判断して最良の選択と言えるでしょう。

いずれの方法も、ご自身の経営する企業が利用する場合にはじっくりと比較検討を行ってから利用するということが重要です。2社間ファクタリングは即日の現金化も可能な場合があるなどスピード性が高いものの、比較的手数料もかかるという一面があります。実績や手数料などは会社によって大きく異なりますので、信頼できるところを見つけるために情報サイトでしっかりと比較してから決めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *