ファクタリング 手形割引との比較

経営者の多くは利益の最大化を目標にしますが、利益と並んで注目すべきはキャッシュフローです。

利益が出ていてもお金の流れが止まってしまえば破綻は避けられない反面、事業は常に黒字とはいかず時には赤字になることもありますが、赤字でもお金が続く限りは継続が可能です。利益が出ていてお金がなくなるというと不思議に感じますが、そのキーワードが資産の流動性です。流動性が一番高いのは現金や預金で、将来期日が来るとお金に変わる売掛金などの債権がそれに次ぎ、事業に必要な資産でも換金性が低いものが固定資産などです。

資産の流動性が高いほどキャッシュフローに余裕ができますが、流動性が低いと財産はあるのに支払いに必要なお金が不足することがあります。そこで売掛債権の流動性を高めるのがファクタリングです。ファクタリングとは売掛債権の売買で、これに似たものに手形を期日前に銀行で資金化する手形割引があります。期日前の債権を現金化するという結果は同じですが、この二つは取引の形式を比較すると違いが見えてきます。

手形割引は手形を担保にお金を借りて、期日に手形代金が入金したら借入の返済に充当する取引で、金融機関からお金を借りているのは自分自身です。万一手形が不渡りになって金融機関が回収できない場合は、借りたお金の返済義務が自分に戻ってきます。一方これと比較してファクタリングは売掛債権を売買するので、売った時点で返済義務は自分から離れていきます。

ただし、手形割引は借入という金融取引なので利息制限法の対象ですが、売掛債権譲渡は債権を時価評価して売買するので、支払うのは利息ではなく売却損になります。手形割引とファクタリングを比較した場合、ファクタリングは利用した時点で自分の借入がなくなるのがメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *