ファクタリングと融資やビジネスローンの比較

ファクタリングとは売掛金や債権を金融サービス会社に譲渡して、即日現金化する事業資金の調達方法です。

銀行からの融資やビジネスローンなどと比較して審査がゆるく、現金化までのスピードが早いことから、融資の審査が通りにくい中小企業や個人事業主によく利用されています。未回収の売掛金や債権など譲渡できるものがあれば現金化できるため、事業資金を用立てるための担保や保証人が必要ありません。ファクタリングしたい側の企業に赤字や債務超過があっても、売掛金先の企業の経営が安定していれば審査は通り、少額から現金化できるのが強みです。

売掛金先の企業に知らせる三社間ファクタリングでなく、譲渡したい企業と金融サービス会社の間で行われる二社間ファクタリングなら秘密裏に譲渡できるため、資金繰りに困っていることが誰にも知られないので企業としての信用が落ちません。融資やビジネスローンの場合は融資されたお金を事業資金以外に使うと次回の審査で不利になりますが、売掛金を譲渡したお金ならペンや消しゴムといった安価な事務用品にも使えるので、融資やローンと比較して自由度の高い資金が手に入ります。

売掛金や債権を譲渡する時は手数料がかかりますが、銀行の融資やビジネスローンの金利と比較しても大きな差はなく、即日現金化できるメリットを考えれば決して高額ではありません。需要の高さに比例してファクタリングを営む金融サービス会社も増えており、電話や郵送で審査を申し込みできるサービスも始まるなど、今後とも更に需要が見込まれる資金調達方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *