ファクタリングを活用して売掛金の現金化を

ファクタリングを利用することで支払いサイトを意識すること無く、売掛債権を早期に現金に変えることが可能になります。

取引先の支払いサイトに影響されることなく、即座に売掛金を現金に換えることが可能になりますので、運転資金の枯渇に悩むことなく安定した経営を営むことが出来るようになっていきます。資金繰りに窮した場合であっても、銀行などの金融機関からの借り入れを行うには相応の期間が必要になっていきます。

ファクタリングを活用することで、早い場合には数週間程度の短い期間で売掛債権を現金に換えていくことが出来るようになります。経営状態に応じて急に運転資金や設備投資資金が必要になっていくケースは珍しくはありません。売掛金の現金化というと良くないイメージを抱く方が多かったりしますが、ファクタリングによる現金化は欧米では一般的な資金繰りの方法として知られ、多くの企業で利用されています。

売掛金を現金に換える手順はファクタリング会社によって違いがありますが、多くの会社では担保や保証人の提示の必要は無く、スムーズな現金化を行えるようになっています。借入金が増加する形での資金調達ではありませんのでバランスシート上に負債が増加することもありません。銀行に融資を断られていたり、税金の滞納が生じているような経営状態であったとしても、売掛債権のファクタリングを用いていけば早期の入金が可能となっていきます。売掛債権の現金化を活用して安定した経営が実現するようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *