売掛債権の特徴について

売掛債権とは商品などを売却した際に得られるお金の権利のことです。

通常、商品を売却すると即座にお金を受け取りますが、企業間の売買についてはすぐにお金を支払わないケースもあります。そこで売掛金は売掛債権となり、権利として企業に残ることとなります。

売掛債権は現金ではありません。それゆえに通常の資金として使うことは出来ませんが、ファクタリングを利用することにより資金調達に活用することが出来ます。ファクタリングとは売掛債権を担保にしてお金を借りることを言います。企業の中には担保を用意することが難しいケースがあります。しかし、売掛債権であれば商売を行っている企業であれば基本的に用意出来るので用いられることも少なくありません。お金を貸す側にとってもファクタリングにはメリットがあります。もしも、返済がなされなかった場合は債権を売却すればお金を回収することが出来るからです。

売掛金と実際の費用の時間差を埋める資金調達方法として利用されることも少なくないことと言えるでしょう。ただし、ファクタリングは一般的な資金調達方法と比べると、手数料が高いという特徴があります。それゆえに普段の資金調達にはあまり向いていません。あくまで緊急的な手段としてファクタリングが合うといえるでしょう。気軽に資金が調達できるといっても安易に使えるものではなく、注意深く用いられる必要があることにも気を付けておくことで有効な使い方が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *