売掛債権とはどのようなものか

売掛債権とは何かというと、会社や企業等の営業活動による商品やサービスの売上代金の中で、まだ受け取る前の代金を請求出来る権利の事です。

通常商品やサービスの販売毎に現金取引をしていると、手間やコストがかかってしまうので、企業間取引では通常現金取引が行われる事はほとんどありません。売掛債権は企業間同士の信用取引によって成立しており、主に売掛金と受取手形があります。しかし売掛債権の未回収が発生してしまう事も少なくありません。その理由としては請求漏れや、入金処理の遅延といった単純なミスもあれば、取引先に支払う余裕がなかったり、はじめから悪意を持って支払う気がない場合等もあります。

特に受取手形の場合は、取引先の資金不足によって手形が不渡りになると、換金されず未回収になる恐れもあるので注意しましょう。その為しっかりと管理回収していく事が、会社を運営していく上で非常に大切です。では具体的にどのように管理していけばよいのかというと、まず取引先毎の売掛債権を一覧で把握出来るようにしておくという事です。きちんとデータ管理しておく事で、まだ回収が出来たいない取引先や、遅延期間も簡単に把握する事が出来ます。

その為遅延が生じた場合、すぐに取引先に連絡を入れて、その理由を確認する事も出来るので非常に便利です。また取引先の売掛金の限度額を設定しておく事も重要です。取引先の経営状態を把握して、限度額を前もって決めておけば、未回収を減らす事が出来ます。特に中小企業や、初めて取引するような会社には、取引をしても問題ないか見極める為、最初は出来るだけ小額に設定しておくと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *