売掛債権を現金化して資金繰りを改善

会社を運営していると売掛債権というのもが発生します。

これは商品・サービスを納入した会社からお金を支払ってもらえる権利ですが、支払い期日は商品・サービス納入よりもだいぶ後になってしまうことが珍しくありません。場合によっては支払いが数カ月先になってしまうこともあるでしょう。このように支払い期日がかなり先だという場合、会社の運転資金がピンチになることがあります。手持ちの現金がなくなってしまい、仕入れ費用や社員への給料支払いもままならないという事態になってしまうことが、資金に余裕のない零細企業ではよく起きます。

最悪の場合、資金繰りのめどが立たずに倒産に追い込まれるなんてこともあるでしょう。そんなことになったら様々な人に迷惑をかけますから、なんとしても避けなければいけません。そのためには売掛債権を現金化する手法を知っておくと重宝します。売掛債権を現金化する方法として売掛債権担保融資があります。

これは売掛債権を担保にして金融機関などからお金を借り入れることです。この融資には無担保融資よりも金利が安く済むなどのメリットがあります。もう一つ、ファクタリングという方法もあります。これは売掛金をファクタリング業者に売却して現金を調達するというものに他なりません。これらの手法を駆使すれば、帳簿上は黒字なのに資金がショートして倒産するという不運なことはかなり避けられるでしょう。経営者なら知っておいて損はないテクニックです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *