売掛債権の例について

売掛債権というのは、何か商品などを売った企業や商店に当てはまるもので、商品が売れたのと同時にお金を支払ってもらうのではなく、代金は後日受け取ることができる場合が該当します。

売掛債権の売掛というのは売ったことによってとか、売っている最中でというような意味であり、債権というのは後日お金を受け取れる権利のことです。商品を買ったのであればそれと引き換えに代金を支払うのが当たり前ではないのかという考えを持っている人は、売掛債権の例を挙げると言われても全く見当もつかないかもしれませんが、実はこのような例は身近にいくらでもあり、普通の社会人であればほぼ経験ありと考えてもよいでしょう。

最も身近な例はおそらくクレジットカードでしょう。カード払いで商品を購入した場合、代金はその場では支払っていないはずです。買った側の論理では、代金はその場ではなく後日銀行口座からの引き落としによって支払われるということになりますが、商品を売った側であっても似たようなもので、銀行口座からの引き落とし日と必ずしも一致するわけではないものの、代金は後日カード会社から支払われることになります。

あるいは、電子マネーであってもそうでしょう。これは、買った側からすれば、代金に相当する電子マネー残高が即座に引き落とされている場合もあるでしょうが、売った側は別に即座に現金が入金されるわけではありません。代金に相当する電子マネー取引履歴が残るだけであり、それを元にしてやはり後日代金が振り込まれることになっており、同じく売掛債権になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *